株式会社 吉田製作所は金型製造、産業用機械の設計・製造を主事業とするものづくり企業です。

TEL. 0798-22-6836

〒662-0934 兵庫県西宮市西宮浜4-7-47

会社概要ABSTRACT

会社概要


社名 株式会社 吉田製作所 
資本金 2,400万円 
設立 1959年 5月 
代表取締役 吉田 武史 
従業員 20名 
事業内容
●  ガラスびん金型の製造・修理 
●  自動化・省力化機械の設計・製造 
●  ゴム製品金型の設計・製造 
●  各種産業用機器・治具・部品等の設計・製造 
主な取引先
●  日本山村硝子株式会社 
●  株式会社 山村製壜所 
●  磯矢硝子株式会社
●  住友ゴム工業 株式会社
●  ダンロップスポーツ 株式会社 
●  中田エンヂニアリング 株式会社 
●  株式会社 安田精機製作所 (その他多数) 
主要取引銀行 三井住友銀行 西宮支店
日本政策金融公庫 神戸支店
所属団体 日本ガラスびん協会
西宮商工会議所


ご挨拶


金型は同じ形状・品質の製品を量産し、進歩の成果を、広く社会全体に波及させる原点として、人類の進歩に大きな役割を担っております。当社は、この金型・モールドの設計・製作に創業以来全力を傾けてまいりました。

また、社会全体・人類の文明が極めて高度なものとなってきた現代、人々のモノに対する要求もますますハイレベルなものになってまいりました。当社は、金型の製作から発し、その他一般省力化・自動化機械の設計・製作にもさらにそのフィールドを拡大しつつあります。

積極的な新鋭マシンの導入、ねばり強く続けている人材育成などの企業努力は、すべて産業界のニーズに応え得るパワーを持つためです。当社は決して一足跳びの飛躍は考えません。堅実に次の一歩を歩み続ける当社に、今後とも暖かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役 吉田武史

代表取締役 吉田武史の父

代表取締役 吉田武史


会社沿革


1959年(昭和34年)
西宮市浜松原町において創業者 吉田賢次によって「吉田製作所」を創設
1960年(昭和35年)
合資会社「吉田製作所」に改変
1962年(昭和37年)
創業者の死去により 吉田喜美子 社長就任
1967年(昭和42年)
西宮市今津野田町に工場移転
1968年(昭和43年)
吉田一夫 社長就任
1971年(昭和46年)
西宮市上甲子園に甲子園工場を建設・稼働
1972年(昭和47年)
NC旋盤1号機、NCフライス1号機導入
1981年(昭和56年)
省力化、自動化機械の設計・製作分野に進出
1982年(昭和57年)
本社工場を増築
1985年(昭和60年)
明石市東二見に明石工場を建設・稼働
1989年(平成元年)
「株式会社 吉田製作所」に改組
1991年(平成3年)
(現)日本山村硝子株式会社 播磨工場内に播磨事業所を開設M
1993年(平成5年)
2次元CADを導入
1994年(平成6年)
甲子園工場を閉鎖し、ガラスびん型生産設備を明石工場に集約
1998年(平成10年)
3次元CAD・CAMを導入
2003年(平成15年)
播磨事業所を閉鎖し、明石工場にガラスびん型生産体制を集約
2007年(平成19年)
第1回 西宮優良事業所顕彰を受賞
2010年(平成22年)
西宮市西宮浜に新工場を建設し、本社と明石工場を1拠点に集約
2011年(平成23年)
新工場が第5回西宮市都市景観賞を受賞
2016年(平成28年)
吉田武史 社長就任、吉田一夫 会長就任

旧本社工場(今津野田町)

旧本社工場(今津野田町)

甲子園工場

甲子園工場

明石工場

明石工場

現本社工場(西宮市西宮浜)

現本社工場(西宮市西宮浜)

株式会社 吉田製作所

〒662-0934
兵庫県西宮市西宮浜4-7-47

TEL 0798-22-6836
FAX 0798-36-7696